田中博之公認会計士・税理士事務所

最高の経営パートナー

デイリーニュース



初回無料相談会電話予約受付実施中

☎ 083-263-3141

◆相続税申告◆
相続は期限の定められている手続きも多々あります。どうしたら良いかわからない方は、まずはご相談を!
◆確定申告◆
年金受給者から大企業まで未来を見据えた申告をしていきます。信頼ある関係を築ける税理士へご相談ください。

電車でお越しの方・・・新下関駅より徒歩5分
車でお越しの方・・・・下関インターより10分程度  駐車場あり


結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置の創設

平成27年度税制大綱において、結婚・子育て資金に係る贈与税の1,000万円の非課税措置が新たに創設されました。
◆結婚・子育て資金の範囲◆
①結婚に際して支出する婚礼(結婚披露含む)、住居、引越に要する費用で一定のもの
妊娠、出産費用 子の医療費、保育料 のうち一定のもの
◆期間◆
平成27年4月1日~平成31年3月31日までの拠出


教育資金一括贈与非課税措置

☆ピアノ・スポーツ教室など習い事も対象☆

平成25年度税改正では、子や孫に対する教育資金の一括贈与に係る贈与税が受贈者ごとに最大1500万円まで非課税となる制度が創設されました!
◆具体的な教育資金とは?◆
○学校の入学金や授業料など、学校に直接払うお金(幼稚園・保育園もOK)
○塾や家庭教師、習字、ピアノ、スポーツ教室、スイミング、体操、リトミック、音楽教室、英会話といった習い事(学校以外は500万円まで)
その費用が「教育のために支払われるものとして社会通念上相当」であれば幅広く教育資金として認められます!
◆期間◆
平成25年4月1日~平成27年12月31日 までに贈与手続したもの
※平成27年度税制大綱において適用期限が平成31年3月31日まで延長されました。
国税庁HP ↓
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/sozoku-zoyo/annai/201304_01.htm
文部科学省 資料 ↓
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/__icsFiles/afieldfile/2013/04/01/1332772_1.pdf


当サイトのご利用について プライバシーポリシー
大企業・特殊法人(医療法人・公益法人・社会福祉法人・NPO法人)・中小企業・個人事業者の事業経営をサポート
|山口 下関・福岡・北九州|2009田中博之公認会計士・税理士事務所. All Right Reserved.